弁論サークルに所属しています。

はじめまして、大学生の健太です。

このブログではプライベートな悩みや大学のサークル活動について書いていければと思っています。

大学では弁論サークルに所属しています。

どこの大学でも、弁論サークルや弁論部があると思います。

弁論とは、簡単に言えばスピーチのことです。

古くからあり、伝統や歴史がある弁論サークルもあります。

例えば、早稲田大学の雄弁会は、1901年設立ということですから、100年以上前から存在しています。

雄弁会は、元総理の海部俊樹や小渕恵三、竹下登も所属していた弁論クラブです。雄弁会OBには政治家が多いようです。

この弁論ブログでは、弁論のテーマや書き方、スピーチの手法について書いていこうと予定しています。

弁論サークルに所属していながら、スピーチのときは緊張して、あがってしまいます。

元々、あがり症なので、弁論サークルに入って、スピーチやプレゼンテーションが上達すればいいなと思ったのです。

社会人にもなれば、会議でプレゼンをする機会はあるでしょうから、苦手なスピーチを学生時代のうちに得意にしたかったのです。

とはいえ、スピーチの原稿は上手く書くことができるのですが、スピーチ本番になると、あがってしまいます。

弁論の世界では、スピーチコンテストやコンクールがあり、人前で発表する機会があるのです。

もちろん、多くの参加者は入賞を目指して、弁論スキルを磨いています。

このブログでは、スピーチメソッドについての記事も書けたらいいなと思っています。